COLUMN

2019.03.15

《ベンチャー企業の社風》えっ、社長が一人の社員にそこまでしてくれる会社ってある!?いやないでしょ、リンクルしか!!(Nさん)

みなさんこんにちは。19卒の内定者の子に
「Nさんの採用コラムもFacebookもInstagramも全部チェックしてます!」
と言われ、戸惑いながらも嬉しい新卒のNです!

 

実は先日、九州にいる私の祖母が息を引き取りました。
明るい始まりから突然暗い話題となってしまいましたが、
どうか重く受け止めないでください!

私は生まれてすぐ東京に来たので、あまり祖母には会ったことがありませんでした。
「おばあちゃん」と素直に呼べない程の遠い存在。
なので、亡くなった知らせを受けた時も正直実感がわきませんでした。

 

社長である川崎さんに祖母が息を引き取ったことを話したところ、
その場で、すぐに九州に行ける新幹線や飛行機、電車、夜行バスなどあらゆる交通手段を
調べてくださり、駅から葬儀場までの行き方など地図を見ながら説明までしてくださりました。

 

また、
喪服や数珠は持ってる?
ハンカチは持っていかなくちゃいけないよ。
靴は黒だからね。
など御葬式に必要なことを教えていただき、

メンバーにも
「Nは九州に行かなくちゃいけなくなったから、タスクとかみんな助け合ってね」
と話してくださり、
仕事を抜ける私に「申し訳ない」という気持ちを一切なくしてくださいました。

 

しかしそれだけではなかったのです。

 

新幹線に乗る早朝6時、
「新幹線乗れたかな?」とメッセージが。

睡眠時間さえ貴重なほど忙しい川崎さんが、私一人のために朝6時に起きてくださったのです。
メッセージを受け取った時、正直信じられませんでした。

ここまで心配し、私以上に私のこと、そして私と祖母のことを気にかけてくださっていることを感じ、
『しっかりと祖母を送り出そう』と思わせていただきました。

 

その後も、無事に東京に戻れたかのメッセージや、出社した際に
「気持ちは落ち着いた?」とゆっくり話す機会をくださりました。

 

ここまで一人の社員を気にかけてくださる社長って、他にいないです。

終始感動。

もし、あんなに川崎さんが背中を押してくださらなかったら
私はきちんと祖母にお別れを言えなかったですし、
親戚の方から聞いて初めて知った祖母の私への思いも、
この先の人生で知ることはなかったかと思います。

 

『社長の器』だけではここまで出来ない。

やっぱり、川崎さんは他の会社の社長とは違う。

どんな一面を見てもそう思いますが、今回の出来事で深く実感しました。

 

出来ることなら全就活生、いや全国民に川崎さんの話を聞いて頂きたい!
それが難しいならせめてこのコラムを読んでくださったみなさんには
ぜひ直接会っていただきたいです。

説明会では川崎さんが登壇します。
ぜひ説明会にお越しください♪
お待ちしています(*^^*)

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム