COLUMN

2019.05.14

《理系の就活》研究職を目指していた大学院生がベンチャーを選んだ理由とは!?(Sくん)

こんにちは!新卒のSです。

 

就活が解禁されて2ヶ月が過ぎようとしていますが、

就活生のみなさんの中には「大手」への就職か「ベンチャー」への就職かで

悩まれている方も多いかと思います。

 

そこで今回は私がベンチャー企業であるリンクルへの入社を決意したのかについて

お話しさせていただきます。

 

就活解禁時には僕自身大学院まで進学し食品に関しての研究活動を毎日行っていたので、

「食品の研究職に就こうかなぁ」

と何となく思っていました。

 

そんな時に友人の紹介でリンクルの説明会に参加したのですが、

実はリンクルの説明会では社長である川崎さんが直接お話ししてくれるんです。

川崎さんのお話しが面白く、また『リクルートでN0.1セールス』になった経験を基にした

営業のコツや考え方なんかも教えてもらえるので、

どの企業の説明会よりも満足度が高かったのを覚えています。

 

そして実際に説明会を終えてみると自分の中で

「ベンチャーも面白いかもなぁ」

という考えが大きくなっていました。

 

その後、リンクルの最終面接の際に

「研究職として1人がどんなに成長しても4人分や5人分の研究をするのは難しいけど、

WEB広告のコンサルの世界は1人50人やそれ以上の成果を出せるようになることもある。

そしてリンクルでは1年目から色んな仕事を任せるし向上心の高いメンバーしかいないから、

本当に成長させてあげられる」

というお話をしていただき、

そのお話を聞いてとてもワクワクしたので入社を決意しました。

 

実際にリンクルに入社して1カ月が経ちましたが、

色々な仕事を任せていただき、本当にやりがいのある毎日を送っています!

 

ベンチャーか大手かでまだ悩んでいるという方、

是非リンクルの説明会に参加してみてください!

ベンチャー企業での「成長」という点に魅力を感じて頂けるかと思います!

お待ちしております!!

 

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム