COLUMN

2019.09.08

《理系 × IT》理系院卒が感じるウェブ広告の面白さとは!?

これまでのコラムにて、リンクルの特徴や強み、メンバーについてなどについてお話してきましたが、

今回のコラムではリンクルのメインの事業であるウェブ広告の面白さについてお話ししたいと思います。

 

僕が感じるウェブ広告の面白さ、それは何といっても自分で作成した広告を配信したら、

すぐにその成果がわかるということです!

 

皆さんの中では、テレビのCMや電車の中で見かける電車広告が身近に感じられる広告であるという方も多いかと思います。

ただ、これらのテレビのCMや電車広告ってどれぐらいの人に見てもらえたのかとか、

どれだけの人が実際に広告で取り上げている商品を買ってくれたのかといった、

正確な数字ってなかなかわからないんですよね。

 

その点ウェブ広告では配信した広告がどれだけの人に見られたのかや、

その内どれだけの人に広告をクリックしてもらえたのかといったデータがすぐにわかるんです。

 

そしてそのデータを分析し、

「もっとこの地域で配信を強めたら効果が上がるんじゃないか」

「もっとこの年代のユーザーへのアプローチを強化したら効果的なんじゃないか」

といった仮説を立て、

それを検証して、また分析、といった流れで広告をより良いものに改善することができるんです!

 

実は僕は大学院まで進学して、研究活動をしていたのですが、この仮説を立てて検証してという流れ、

とても研究と似ているんですよね。

 

なので、僕と同じように今大学や大学院で研究活動をしているという方に

とても向いている仕事なんじゃないかなと感じます。

 

今回のコラムでウェブ広告の仕事、面白そうだなぁと思っていただけた方、

ぜひリンクルの説明会に参加してみてください!

お待ちしております!!

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム