COLUMN

2018.10.30

【沖縄内定式】リンクル志望の学生が絶対に知っておきたい沖縄内定式の全貌 Vol.1(内定者T.Kくん)

みなさんこんにちは!リンクル内定者のT.Kです。

 

既にいくつかのコラムを読んでいただいた方はご存知かもしれませんが、

リンクルでは、先日沖縄で「内定式」を行ってきました。

 

人生初の沖縄にまさか内定式で行くことになるとは思いもしませんでしたが、、(笑)

楽しい思い出がたくさんできたので良しとしましょう!

 

私の担当するコラムでは、三回にわたって、2泊3日の沖縄内定式の様子をできるだけ具体的にお伝えしたいと思います。

 

「そもそも沖縄内定式って何?」

「2泊3日、沖縄で何をするの?」などなど、

いろいろと疑問を持っている方もいるかもしれませんが、全てわかりやすく説明しますので、

興味のある方は是非一読してみてださい!

 

まず、沖縄内定式についてです。経団連に所属している企業の多くは10月1日に内定式を行いますが、

ベンチャー企業であるリンクルでは、毎年10月中旬から11月上旬頃に内定式を行います(※年によって変化あり)。

 

また、内定式の期間は2泊3日用意されており、その場所はなんと南国「沖縄」です!

超豪華ですね!(笑)

 

社内では「沖縄内定式」と呼ばれるこのイベントですが、

実際は、①内定式、②社員総会、③社員旅行の3つがセットになっており、

1年を通して見てもリンクル最大のイベントです。

 

 

内定式では、来年から入社する内定者を歓迎し、

メンバーや内定者がそれぞれどんな人かといったお互いの個性を知ることができます。

 

今年の内定式では、リンクルのメンバーとして働く内定者10人に向けて、

社長から熱いメッセージとともに内定書を頂きました。

 

内定式に参加する前は、正直、一緒に働く同期メンバーはどんな人だろうと不安に思ったり、

本当にこの会社を選んで良かったのかなと心配したりすることもありました。

 

しかし、内定書を頂き、同期メンバーとも知り合えたことで、

改めて来年からリンクルのメンバーとして働くことを自覚し、

期待に応えられるように頑張っていこうという思いが芽生えてきました!

 

今後、就活をしていく中で、大手企業とベンチャー企業のどちらを選択するかで迷うことがあるかもしれません。

正直に話すと、大手企業と比較してベンチャー企業は、

福利厚生をはじめとする諸制度があまり整っていないところが多いと思います。

 

そのため、やりがいや成長を前面に出して就活生を呼び込むわけですね(笑)。

実際、設立して間もないベンチャー企業に入るということは、とても勇気のいる選択かもしれません。

 

しかし、この沖縄内定式を通してわかったことは、そんな不安や心配といった感情を忘れるくらい、

良い同期とメンバーに出会えるのが、リンクルという会社でした!

 

今後、あなたが就活を進めていく上で、大切にしてもらいたいことが1つだけあります。

それは、企業を選ぶときに「人」という軸を持つことです。

「何をするか」や「どんな仕事がしたいか」について考えることはもちろん大切なことですが、

それ以上に「誰と働くか」という視点を持つことが、就活では非常に重要な意味を持ちます。

 

どうせなら、最高の仲間と毎日を過ごしながら、仕事をしている時間が楽しくて仕方がない!

と思えるような会社で働きたいですよね?

 

そのために今できることは、説明会などのイベントに積極的に参加し、

たくさんの人に会い、いろいろな話を聞いてみることです!

 

 

リンクルでも19・20卒に向けて説明会を行っています!これから就活が忙しくなってくる時期ですが、

少しでもリンクルに興味を持ってくださっている方は、是非説明会に来てみてください!

あなたの参加を心からお待ちしています!

 

残り2つのコラムも今後掲載されますので、是非読んでみてくださいね〜!

(リンクル19卒内定者K・Tより)

 

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム