COLUMN

2018.10.30

【沖縄内定式】圧倒的な成長を支える裏側とは⁉(内定者Y.Sくん)

こんにちは!19卒内定者のY.Sです。

 

リンクルでは内定式が2泊3日で沖縄にて行われます。

こんなに豪華な内定式が行われるのは、川崎社長の

「内定式を一生の思い出にしてほしい」という思いからだそうです。

こういうところからも、本当に社員を大事にしてくれる企業であることが窺えます!

 

2泊3日の内定式のうち、実際に内定証の授与といった本来の内定式っぽいことは2日目の午前中に

内定者VS先輩社員での余興対決から始まり、

リンクルの歴史や来年度の目標の発表、表彰式、内定証の授与という順番で行われました。

今回はこのうち、余興対決についてと表彰式で感じたことについてお話ししたいと思います!

 

まずは余興対決!

この準備は大変でしたが、本当に楽しかったのを覚えています!

 

お風呂に15分入っているだけでとても面白いネタを思いついてしまうH君を中心に

深夜にみんなでネタを考え、ワイワイ練習しました。

 

その甲斐もあり大爆笑をかっさらう程ではありませんでしたが、

なかなかの完成度の余興を披露することができました。

 

この余興対決は内定式の場を盛り上げるというのも目的の一つですが、

一番の目的は楽しく内定者同士の絆を深めることだそうです。

 

そしてこの効果は抜群!2日目の午後以降の自由行動では内定者同士の距離がかなり縮まっていました!

 

続いて表彰式!

リンクルでは年間を通じて、新人賞、組織貢献賞、成長賞、優秀賞、社長賞、MVPなどの賞があり、

内定式当日に発表され表彰されます。

 

賞をもらって涙を流す先輩もいるほどで、それだけこの表彰式はリンクルの中でも重要なイベントです。

 

受賞した方のコメントはどれも他のメンバーをリスペクトしながらも自分はこの賞に値すると自信を持ったもので、

MVPを受賞した先輩社員は「まだまだ全然満足していない」ともおっしゃっていました。

 

そういったコメントを聞いて、自分に自信を持てるほどの努力ができること、

それだけの努力をしている人がリスペクトできるメンバーが周りにいること、

そしてトップに選ばれた社員ですら現状に満足せず常に上を向いていること、

これこそがリンクルの「圧倒的な成長」を支える強さなのだと感じました!

 

そして僕自身も来年の表彰式を見据え、沸々とこみあげてくるものがありました。

 

今回のコラムでリンクルの強さについて触れましたが、リンクルの強さはまだまだたくさんあります!

 

そしてリンクルの説明会に来ていただければリンクルの強さ、

魅力をもっとたくさん皆様にお伝えできると思います!

 

少しでも興味を持っていただけた方は、リンクルの説明会に参加してみてください!

お待ちしております!!

 

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム