COLUMN

2018.10.31

【沖縄内定式】その思惑とは...(内定者R.Kくん)

皆さんこんにちは!リンクル19卒内定者のR.Kです!

 

現在私は大学4年生で、就活生の皆さんと同じように普段は大学に通っています。

これから就職活動をしていく大学生の方々とは、リンクルメンバーの中でも最も年齢が近く、

生の意見を伝えられることができるかと思います。

 

リンクルの一員としての初仕事であるこのコラム。

ぜひ最後まで読んでみてください!

 

リンクル毎年恒例の2泊3日の沖縄内定式!

さて、どのような思惑があるのか。。。!?

 

同期の中でも、早期インターン制に参加しているメンバーは顔見知り。

私は大学の部活の関係でまだインターンには参加できていなかったので、

なんとこの内定式が、同期や社員の方々と顔を合わせる初めての機会でした!

 

「これから一緒に働いていく人はどんな人たちなのだろう」

と、期待に胸を膨らませる反面、正直不安もありました。

 

だって想像してみてください。一度も会ったことのない人と2泊3日ですよ!?

 

そんな不安な感情を忘れてしまうほど、

集合場所である羽田空港で気がついたら同期と打ち解けていました(笑)

 

初対面の第一関門クリア。

だけどまだまだ分からないこと知らないことばかり。

 

沖縄に着き、昼食や観光を終え、美ら海水族館へ向かうバスの車内で、

内定者にある課題が出されました。

 

結果から言うと、この課題が内定者同士を「本当の意味で」

打ち解けさせるきっかけとなったように感じます。

 

その課題とは。

沖縄内定式終了後に人物が写っている写真付きのコラムを作成するというもの。

 

そう!まさに今あなたが読んでいるこのコラム!!

 

美ら海水族館含め、観光する全ての場所で、内定者同士とにかく写真を撮り合いました。

 

正直、課題が出されたときはその意味に気づきませんでしたが、

今改めて考えてみると、ここにリンクルの思惑があったのではないか、と思います。

 

 

ただ、沖縄という南国に行き、観光をするだけでも、ある程度は仲良くなれたと思います。

 

でもリンクルは違いました!!

 

内定者に全員に協力しないと達成できない課題を与え、

全員で1つの目標達成のために行動させることで、上辺の関係ではなく、

本当の意味で仲間意識や、結束力というものを持てたせてくれました!

 

そして、その後の余興づくりや自由行動を通じて、さらにお互いのことを知り、

仲良くなることができました!

 

まさか内定式で同期とこんなに仲良くなれるだなんて驚きです。

 

沖縄内定式という楽しいイベントの中にも、意味のあるミッションを課し、

組織の向上を図るリンクルに興味を持ってくださった方、

ぜひ説明会に足を運んでみてください!!

 

お待ちしております!

 

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム