COLUMN

2018.11.13

【沖縄内定式】初対面で沖縄旅行チャレンジ!(内定者Hさん)

こんにちは!内定者のHです!

 

恐らく他の内定者も沖縄内定式についてコラムを書いているので

リンクルの内定式は沖縄で行われたことをご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

この話を友人にして何度

「えーーーー、羨ましい!!!そんな会社あるの?!

と言われたことか!

(「沖縄の会社に就職するの?」と尋ねられることもしばしば(笑))

 

実際凄いですよね!

沖縄には何度か行ったことがあったのですが、

一緒に行った人たちは家族や、部活動の同期、クラスメイト等親しい人とばかりで。

「初対面の人と沖縄旅行」というのは今回が初めてでした。

 

正直な話、2泊3日でそこまでは仲良くなれないだろうと思っていました(^^;)

来年どんな子が仲間になるのか。それくらいは掴んで、入社してから仲を深めていければ良いなと思っていたくらいでした。

 

結論から言います。

めちゃくちゃ仲良くなれました!!!!

 

いやいやそんな訳ないと思う方もいるかもしれませんが、嘘じゃないです。

私も未だに驚いています(笑)

 

でもそれは偶然でも、奇跡でもなくて

ちゃんとした理由があるのです!

 

どういう訳かと言いますと、

まずリンクルは、採用の時点で内定者同士の相性について考慮してくださっています。

 

これは人事の方が面接に来る学生1人1人と向き合って、

リンクルで働いている姿までちゃんとイメージして採用活動をしている証拠だと思います。

 

それに沖縄では内定者で行動する自由時間や余興を考える時間が設けられていました。

初日に打ち解けた私達は、その時間で更に絆を深めることが出来ました!

 

初日の夜は翌日行われる余興の為に猛練習し、

2日目の自由時間ではガンガラーの谷へ行き、蛇と写真撮影!

最終日の出発前には国際通りをみんなでプラプラ~♪

 

どうですか?楽しそうじゃないですか??

不安を抱えて空港に向かった初日でしたが、

最終日には「まだ帰りたくない」とすら思いました(笑)

 

リンクルは比較的男性の方が多い職場で、

内定者も10人中7人が男性、3人が女性という内訳になっています。

つまり私以外に女性は2人。

実はちょっとそこにもドキドキしていました!

 

人数少ない分、相性はより重要になってきます。

どうだったかというと!

想像以上に素敵なメンバーでした(^^)!!!

内定者だからとかではなく、

どこのコミュニティで出会っていても仲良くなりたいと思うような2人です!

 

「良かった~」と安堵する気持ちと共に、人事の方に心から感謝しました!

 

やはり働くうえで、一緒に仕事をする仲間ってとても大切だと思います。

リンクルで働く場合、その点については心配する必要がありません。

 

きっと説明会等に来て頂けたら、

その意味はなんとなく伝わるのではないかと思います!

 

興味のある方は是非いらしてください!お待ちしています!

 

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム