COLUMN

2018.11.14

【沖縄内定式】2日目は自由行動!「ガンガラーの谷」で歴史体験!?(内定者T.Kくん)

みなさんこんにちは!リンクル19卒内定者のT・Kです。

 

前回は、リンクルの内定式の様子について具体的にお話しました。

前回の記事を読んでいただいた方は「リンクルの内定式ってこんな感じなんだ」と、

内定式のイメージは掴んで頂けたかと思います。

 

※まだ読まれていない方はこちらの記事もチェックしてみてください。

「リンクル志望の学生が絶対に知っておきたい沖縄内定式の全貌 Vol.1」

コラムURL:http://recruit.rincrew.jp/column/?p=812

 

今回は、沖縄旅行2日目に内定者で沖縄観光をした時のお話をしたいと思います。

 

沖縄内定式2日目の午前中に内定式が終わり、

2日目午後から3日目に帰るまでの期間は自由時間ということで、

内定者全員で沖縄を自由に観光する時間があります。

 

前日の夜に、内定者全員で一つの部屋に集まって次の日の予定について話し合いました。

「海行きたいよね〜」「シュノーケリングとかどう?」など、

沖縄らしいワードが飛び交うなか、

 

ある内定者が「ガンガラーの谷はどう?」と提案し、

なぜか「ガンガラーの谷」に行くことが決定しました。

どこだよそれ(笑)。

 

ちなみに、ガンガラーの谷とは、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた、

豊かな自然が残る亜熱帯の森で、知る人ぞ知る沖縄の観光スポットらしいです。

 

約1万8000年前に生きていた「港川人」と呼ばれるおっさんたちが

住んでいた場所としても有名で、今も発掘調査が行われている、、、

とガイドのお姉さんが丁寧に教えてくれました。

 

自由行動の時間は、内定者全員が一緒に行動することがルールとして決まっていたので、

10人乗りのハイエースを借りて、内定者全員でガンガラーの谷へ向かいました。

 

何もない田舎道をハイエースでひたすら走っていると、

「ソーキそば」と書かれた旗を見つけました。

 

ちょうどお昼頃でお腹も空いていたので「ここでお昼を食べよう」という話になり、

沖縄のおばちゃん達が営む田舎感溢れるお店でお昼を食べました。

 

僕は少しひねくれているので「ソーキそば」ではなく

「ソーキ汁」を注文したのですが、大正解でした。本当に美味しかったです。

 

ちなみに看板がなかったのでお店の名前はわかりません(笑)。

 

そこから数十分ほど走るとガンガラーの谷に着きました。

 

駐車場から、看板の案内に沿って受付に向かっていたのですが、

受付前の階段を下りていると、突然、目の前に大きな鍾乳洞が現れ、

その壮大な自然風景に圧倒されました。

 

ガンガラーの谷ツアーの詳細については、M君のコラムで紹介されているので、

ここでの紹介はあえて省きます。(サボっているわけではありませんよ(笑))。

 

気になる方は彼のコラムを読んでみてください!

コラムURL:http://recruit.rincrew.jp/column/?p=807

 

2日目の内定者全員での自由行動は、

初めて会う内定者同士の仲を深めるとてもいい機会になりました。

 

一生心に残る思い出です。

 

そんなこんなで、すでに19卒内定者はとても仲が良く、

最高なメンバーが集結しています。

 

そんな素敵なメンバーに会っていろいろとを聞いてみたい!

という就活生は、是非リンクルの会社説明会に参加してみてください。

 

お待ちしています!

 

▼エントリーはコチラから

https://rincrew.jp/recruit/entry/new_graduate/entry.php

▼パッションナビ会員の方はコチラから!

https://www.passion-navi.com/company/index/2887

  • 新卒採用ページへ
  • インターン採用ページへ

リンクルメンバーの情熱コラム